太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宮沢賢治「雨ニモマケズ」 

サライ 2010年 07月号 [雑誌]
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ陰ノ 小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ 行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ 行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニソウナ人アレバ 行ッテコハガラナクテモイゝトイヒ
北ニケンクワヤソショウガアレバ ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ
サウイフモノニ ワタシハナリタイ

本屋で見かけた今月のサライが宮沢賢治特集だったのでちょっと立ち読み。
誰もが一度は読んだ事があるだろう有名なこの散文。
子供の頃はよく意味が分かっていなかったが、改めて音読してみたら涙が出そうになった。
生活は苦しく病に倒れてなお持ち続けた、清く正しく慎ましく、人のために尽くし生きたいという精神。
「そういうものに私はなりたい」で文が終わっているところに彼の優しさや謙虚さがにじみ出ていると思う。
宮沢賢治の詩や童話は一語一語に豊かなリズム感があるのは勿論、壮大な宇宙的感性というか、清々しい透明感が伝わってくるんだよなぁ。苦しみにしろ喜びにしろ逆らわず受け入れる潔さがある。
特集内でも書かれていたが全ての作品が彼の人生と密接に繋がっていて、作品を通じて宮沢賢治という人間の生涯を読んでいるような気になる。
怒りや悲しみを捨て去る事は出来なくとも、最後まで理想を追い求めた彼のことを「聖人」だと書いていたのには妙に納得してしまった。

★★★★★
[ 2010/06/15 22:42 ] 作家 は~わ行 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。