太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

午前十時の映画祭 

よってらっしゃい見てらっしゃい。
映画の黄金時代(1950~70年)を中心に、毎週一本、一年かけて洋画の名作50本をリバイバル上映する企画、それが「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」だ。
単発でのリバイバルは結構あるが、これほど多数の作品を継続的なイベントとして開催するのは今までありそうでなかった。
しかも「一度はスクリーンで見たい」「もう一度スクリーンで見たい」と思わせる名作揃い。
こんな夢のような企画なのに、なぜかあまり知られていない気がするので微力ながら宣伝しておこう。

まずこの映画祭の内容だが、冒頭に書いたように、1950年~70年代を中心とする外国の傑作娯楽映画50本を選んで全国25の映画館で1年間に渡り連続上映するというもの。
開催期間は2010年2月6日(土)~2011年1月21日(金)。既にはりきって開催中だ。
さらにこの映画祭の特徴として、どの作品も毎朝10時に開映。いちいち調べなくてもいいので非常に助かる。しかも劇場・作品によっては午後からの追加上映もある。
料金は大人1,000円 学生・子供500円(全劇場一律)。特別企画にもかかわらずなんとお得なことか。
上映を実施する劇場はTOHOシネマズ系の全国25ヶ所。どの映画をいつやるか、というのは各劇場で違うので注意。
そして肝心の作品だが、一般投票と特別選定委員の投票を参考に、作品選定委員会で決定した以下の50作だ。

「明日に向って撃て!」「アパートの鍵貸します 」「アマデウス」「雨に唄えば」「アラビアのロレンス」
「ある日どこかで 」「ウエスト・サイド物語」 「裏窓」「映画に愛をこめて アメリカの夜」「エデンの東」
「お熱いのがお好き」「男と女」「カサブランカ」「クレイマー、クレイマー」「刑事ジョン・ブック/目撃者」
「激突!」「ゴッドファーザー」「ショウほど素敵な商売はない」「ショーシャンクの空に」「十二人の怒れる男」
「スタンド・バイ・ミー」「スティング」「戦場にかける橋」「太陽がいっぱい」「第三の男」
「大脱走」「チャップリンの独裁者」「追憶」「鉄道員 」「天井桟敷の人々」
「眺めのいい部屋」「2001年宇宙の旅」「ニュー・シネマ・パラダイス」「バベットの晩餐会」「薔薇の名前」
「パピヨン」「羊たちの沈黙」「昼下りの情事」「フィールド・オブ・ドリームス」「フォロー・ミー」
「ブリット」「ベン・ハー」「北北西に進路を取れ」「ミクロの決死圏」「ライトスタッフ」
「ライムライト」「レインマン」「ローマの休日」「ロミオとジュリエット」「ワイルドバンチ」

う~ん、見た事はなくともタイトルは知っている作品ばかり。目移りするぜ。
嬉しい事に、当時はモノクロだったものも今回はほとんどがカラーで上映される。
しかもこの映画祭のためにマスターネガから新たにプリントしたフィルムを使用するらしく、画質に関しても心配無用。
――というわけで俺も「ショーシャンクの空に」と「スタンド・バイ・ミー」を見てきた。
この2作と「2001年宇宙の旅」は人生におけるベスト3の映画なんだが…素晴らしいなやっぱり。念願の大画面で見る事が出来て感動もひとしおだった。わりと年配の夫婦が多く、大人がゆったり楽しむイベントな雰囲気。
「サウンド・オブ・ミュージック」と「オーメン」もやってくれたら俺的にBINGOだったんだが、他にも見たい作品目白押しで楽しみだ。「ベン・ハー」とか…ゴクリ。
[ 2010/05/16 22:02 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。