太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イースタン・プロミス 

イースタン・プロミス [DVD]
あらすじ:助産婦のアンナが働く病院に10代の若い妊婦が運び込まれ出産直後に息を引き取る。少女のバッグからロシア語で書かれた日記を見つけたアンナは、妊婦の身元を調べるうち…

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のタッグ再び。ヴィゴ・モーテンセン主演、デヴィッド・クローネンバーグ監督によるロンドンの裏社会をバイオレントに描くクライム・サスペンス(2007)。
クローネンバーグというと「ザ・フライ」「ヴィデオドローム」「裸のランチ」などカルトな作品が多いイメージだったが、今作は男の孤独を描いたハードボイルドの王道とも言える内容だ。
ナオミ・ワッツが闇の世界に巻き込まれる気丈なヒロインを演じているが、なんといってもストイックなロシアンマフィア役のヴィゴの渋い魅力がたまらない。
オールバックに黒のロングコートと皮手袋、くわえタバコのいでたちといい、落ち着いた振る舞いの中に複雑な感情を内包した表情といい、いぶし銀な演技が光る。今まであまり意識してなかったがなかなか演技力のある俳優だな。
物語のハイライトであるサウナでの格闘シーンは丸裸なだけに強烈なインパクトを残す。とはいえ滑稽な感じは全くなく、緊迫感あふれる生々しい死闘に圧倒される。ただ、撮影はかなり大変だっただろうなと…(アングルとか)。
状況設定や人間関係の背景などを出来る限り排除しているのでやや展開が掴みにくいものの、説明しすぎない事で逆にマフィアが暗躍する裏社会の底知れぬ暗さを際立たせている。全体的に青みがかった薄暗い画面作りもGOOD。
派手な銃撃戦やアクションバリバリのハリウッド映画とは違い、冷酷と信念が絡み合うギリギリの緊張感を上手く捉えた社会派サスペンスだ。
ところでタイトルの「イースタン・プロミス」はどういう意味だろうと思っていたら、どうやら作品のテーマである人身売買の事らしい。

★★★★
[ 2009/11/15 21:29 ] ホラー/サスペンス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。