太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Simon & Garfunkel@ナゴヤドーム 

サイモン&ガーファンクルのすべて
7月8日、ナゴヤドームでサイモン&ガーファンクルの来日公演が行なわれた。
16年ぶり、しかも年齢的におそらくラストチャンスという事でギリギリで買ったチケットを手に見に行ったのだが、これが素晴らしく良かった!
ポールと共に登場したアートの「コンバンハ、ナゴヤ」で歓声と拍手が起き、「ソウデスネ、あのー…(特に続きなし)」で笑いを取りつつツアータイトルでもある「Old Friends」でスタート。そして日本でもドラマの主題歌に使われた「Hazy Shade Of Winter」と続く。
「I Am A Rock」はオリジナルよりキーが低くアレンジも違ったので、アートの調子が悪いのかと心配したが、以降は全く問題なし。美しい高音を聞かせてくれた。ポールも張りのある歌声と見事なギターテクを披露して観客を魅了。
個人的に大好きな「Scarborough Fair」は生で聞けて鳥肌が立った。
「コンドルは飛んでいく」で哀愁に包まれた後アートのソロコーナーになり、これまた大好きな「Bright Eyes」~「A Heart In New York」の間には「sweet Michael Jacksonへ」と追悼の意を込めて曲を捧げていた。
代わってポールのソロコーナー。ポールのソロ曲って実はほとんど知らなかったんだが、S&Gとは違うファンキーなムードが味わえて楽しくなった。
「明日に架ける橋」はイントロのピアノでもう会場が沸き、1番アート、2番ポールと歌うたびに拍手が起こって、明らかに特別な雰囲気に包まれてたな。歌い終わるとそれまで座っていた観客も皆スタンディングオベーション。
2度にわたるアンコールでは更に盛り上がり、今までの大人しさが嘘のように手拍子が鳴り響いて感動した。バンドも一層力強くノリノリで演奏してくれ、会場全体の一体感がたまらなく気持ちよかった。
拍手喝采の沸き起こる中、二人は手を取り合い何度も深々とお辞儀をして退場。素晴らしい2時間だった。

これで二人とも67歳とは信じられないな…すごすぎる。
全盛期の完璧なハーモニーには及ばないが、今の二人にしか出せない味わい深さみたいなものがあったし、何といってもとにかく曲がいい。それを豪華な生演奏で堪能できただけでも充分だ。
ナゴヤドームにしては音響も良かったし、「The Boxer」ではテルミンまで登場してびっくり。
ギターのマークさん、特にすごかったな。チェロ、サックス、ケーナ、更にコーラスとマルチすぎ。弟子入りしたい。
感動的なコンサートだったが、「59番街橋の歌」 がなぜか生歌じゃなく、スクリーンに映る二人の写真にBGMとして使われただけだったのは残念。
でもまぁいいや。“永遠のデュオ”の公演に立ち会えたんだから。
年齢層は高めだったが若い人や家族連れも結構いたし、もし今迷っている人がいたら絶対行くべし。

セットリスト:
Old Friends/Bookends
Hazy Shade Of Winter
I Am A Rock
America
Kathy's Song
Hey Schoolgirl
Be Bop A Lula
Scarborough Fair
Homeward Bound
Mrs. Robinson/Not Fade Away
Slip Slidin' Away
El Condor Pasa

―Art Garfunkel solo―
Bright Eyes
A Heart In New York
Perfect Moment/Now I Lay Me Down To Sleep
―Paul Simon solo―
Boy In The Bubble
Diamonds On The Soles Of Her Shoes
Still Crazy After All These Years

Only Living Boy In New York
My Little Town
Bridge Over Troubled Water
―enc1―
Sound Of Silence
The Boxer
―enc2―
Leaves That Are Green
Cecilia
[ 2009/07/11 23:05 ] US | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。