太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジャック・リッチー「クライム・マシン」 

クライム・マシン (晶文社ミステリ)
ひねり度 ★★★★★
あらすじ:殺し屋リーヴズの前に現れた男は、タイム・マシンで彼の犯行を目撃したと言った。最初は一笑に付したリーヴズだが、男が次々に示す証拠に次第に真剣になっていき、何とかマシンを手に入れようと企てる。

2005年の「週刊文春ミステリーベスト10」第2位、2006年の「このミステリーがすごい!」第1位(ともに海外編)に選ばれた短編集。
ずっと気になっていたが先日中古で安売りされていたのを発見し、ようやくゲット。
ジャック・リッチー(1983年没)は、1950年~80年代にかけて短編ミステリのみを350篇も書き続けた短編のスペシャリスト。
無駄な描写を徹底的に削ぎ落とした簡潔な文体が特徴で、年代や流行を感じさせない普遍的な作品の数々が堪能できる。
ウィットに富んだ言い回しと皮肉の効いた表現、読者の予想を裏切る巧みなストーリーテリングは職人技と言ってもいい。
この本はハードカバーで約300ページだが、17もの短編が収録されている。
一人称、会話主体、人外なものなど様々ある中で、一番気にいったのは「殺人哲学者」。
わずか5ページの超短編ながら、読み手の先入観を見事に操った驚きの展開が素晴らしい。
次に好きなのは「歳はいくつだ」かな。冷酷さと哀愁が入り混じった渋い小話といった感じ。
迷推理が冴え渡るターンバックル刑事シリーズは、あくまで真剣なターンバックルの言動と実際の状況とのギャップが楽しい。
NMA(アメリカ探偵作家クラブ)最優秀短編賞を受賞した「エミリーがいない」は、ある程度先が読めたのであまり驚きはなかった。
というか、続けて読んでいるとどれも最初から疑ってかかるので、どんでん返し感は薄れてくるな。
それよりむしろシャープかつクールな語り口に惹き込まれる。
潔いほどシンプルな文章の中にピリッとスパイスを効かせ、全てを語らず読者に想像の余地を残した締め方も実にニクい。
こんな小説家を知らずにいたとは…勿体なかったな。
[ 2009/06/14 23:02 ] 海外小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。