太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真保裕一「防壁」 

防壁 (講談社文庫)
命がけ度 ★★★★★
あらすじ:SPの佐崎が警護を務める政府の要人が襲撃された。同僚で義兄でもある大橋が身代わりとなるが、佐崎の脳裏に浮かぶ狙撃犯は意外な人物で…

冬山を舞台にダイ・ハード並のアクションが描かれた「ホワイトアウト」に続いて2冊目の真保裕一作品。
てっきり一つの話で丸ごと一冊かと思ったが、表題作の他に3話入った短編集だった。
各話同士に関連性はないが、共通するテーマは主人公が「特殊公務員」であるという事。
「防壁」は政府要人の警護に当たる警視庁警護課員(SP)、「相棒」は海上保安庁特殊救難隊員、「昔日」は陸上自衛隊不発弾処理隊員、「余炎」は消防庁の消防士と、いずれも危険と隣り合わせの職業だ。
一般にはあまり知られていない彼らの活動内容を、徹底した取材のもとリアリティーあふれる物語に作り上げている。
二重に張った身辺警護の枠や潜水時間の限られた中での救出活動、厳しい訓練の様子などが圧倒的な迫力と緊張感を持って描かれ、情景がはっきりと頭に浮かぶようだ。
と同時に、主人公がプライベートで抱える問題もストーリーを大いに盛り上げている。
危険な任務につく特殊公務員たちも、仕事の外では女性との関係に悩まされる一人の人間であり、それが読む側に共感性を生む。彼らが日常の悩みをどう克服するかというドラマ部分も見どころだ。
ただ読んでいて気になったのは、主人公がやたら疑心暗鬼になりすぎるというか、悪い方向に考えすぎな感じがする。
ストーリー上の起爆剤になっているのは分かるが、危険な任務中にアレコレ悩む暇あるのかよと…。
とはいえ短編の中にこれだけのディテールを盛り込み、苦悩や葛藤も描き出した内容の濃さは読み応え充分。中でも水深35mの海底で時間との闘いを迫られる「相棒」が好きだ。
「ホワイトアウト」もそうだがこの著者の作品はアクションとドラマのバランスが良く、映像化に向いていると思うので是非やってほしい。
[ 2009/03/12 23:59 ] 作家 あ~な行 | TB(0) | CM(2)
こんにちは。(*^_^*)
今日は家で仕事しています。
娘を寝かせながら見させていただいています。
またゆっくり寄らせていただきます。
ブログ応援してます(^_^)/
それでは。失礼します。
[ 2009/03/15 00:03 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
スローペース更新ですが、またお立ち寄りいただけたら嬉しいです。
そちらにも今度お邪魔させてもらいますね。
[ 2009/03/16 00:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。