太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Riverdance 

ベスト・オブ・リバーダンス[期間限定スペシャル・プライス]
先月の事だが、友人とリバーダンスの名古屋公演を見てきた。
リバーダンスとは、アイルランドの伝統と移民の歴史を綴ったタップ・ミュージカル。
上半身は直立不動のまま、脚だけを動かしてタップを刻むアイリッシュ・ダンスをベースに、様々な演出を取り入れたパフォーマンスだ。
ケルト音楽は結構好きで、以前何枚かケルトCDを取り上げたが(参考記事)、アイルランド文化やリバーダンスについてはほとんど無知。二人して予備知識なしの状態でGO。

休憩を挟んだ1幕と2幕からなり、1幕ではアイルランドの自然や神話をテーマに進行。
背景のスクリーンに映る映像と音楽に合わせて、ダンサー達が華麗なステップを披露する。
幕開けは「太陽を巡るリール」。
暗闇の中から朝日が差し、男女十数人が踊りだす。ゆっくりした動きから徐々に円形・十字と隊列を変えながらステップを刻む。
曲調が一転すると男性プリンシパルが颯爽と登場。観客席からは大きな拍手が。
舞台上を右へ左へ移動し、再び現れたラインダンサーを引きつれ見事な連係プレー。
続いては「心の叫び」。無伴奏でリード・ソプラノと男女コーラスによる美しい曲。静謐な気持ちにさせてくれるソプラノ歌手の澄んだ歌声に聞き入ってしまう。
フィドルとギターの音色が心地よい「キャスリーン伯爵夫人」では女性プリンシパルが登場し、またもや口笛と拍手。軽やかな身のこなしと笑顔が素敵だ。
赤い衣装を身にまとった女性ダンサーが情熱的な踊りを披露する「ファイアーダンス」も見どころ。
カスタネットとフラメンコ・ギターの音に「おいおい、フラメンコかよ!」とツッコミかけたが、全体的な雰囲気はやっぱりリバーダンス。
それにしてもあのダンサーのオーラは凄いな…全身からエネルギーが立ち上ってる。

2幕ではアメリカへ渡った移民たちの誇りと郷愁、他文化との交流が描かれる。
牧歌的な「アメリカン・ウェイク」では一緒に踊りだしたくなるような楽しげなムードにあふれ、客席も自然と手拍子を叩き始める。
そして俺が一番盛り上がったのは「タップの競演」。
アイリッシュ・ダンサーのクラシカルなステップと、アメリカの黒人ダンスであるタップが対決!楽器もフィドルVSクラリネット。
3人のアイルランド人は流麗なダンスで魅了する一方、アメリカ人側は2人ながらワイルドで激しいビートを刻む。人間離れした技が次々と炸裂し、客席も拍手を送って大興奮。
最後は実力を認め合った両者による圧巻の共演。驚くべき事にこのシーンはアドリブが多いらしい。
他にもテノール歌手の力強い歌声が響き渡る「リフト・ザ・ウィング」はオペラ風、イリアン・パイプを使った「マケドニアの朝」はロシアン・テイストと、色々な国の文化との融合が楽しめる。

終盤はこれまでのダンサー達が勢ぞろい。30人余りの一糸乱れぬ怒涛のステップに客席も一体となって会場の熱気は頂点へ。
ケルト音楽の魅力をたっぷりと聞かせてくれた演奏者たちにも拍手喝采で、感動と興奮の115分は幕を閉じた。
いや~最高だったな、見に行ってよかった!最後の日本公演なんて言わずにまた来てほしい。
[ 2008/07/03 22:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。