太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J.D.サリンジャー「フラニーとゾーイー」 

フラニーとゾーイー (新潮文庫)
繊細度 ★★★★★
あらすじ:エゴとスノッブが蔓延する世の中に耐え切れず、病的になって家に引きこもるフラニー。そんな妹の気持ちを理解しながらも、兄ゾーイーは彼女を何とか説得しようとする。

「ライ麦畑でつかまえて」で有名な(といっても読んだ事は無いが)サリンジャーの作品(1961)。
7人兄弟と両親からなるグラース一家にまつわる物語の一つで、末っ子フラニーとその上のゾーイーの話。
大学生のフラニーは周りの人間たちがみんな見栄っ張りや上っ面だけの気取りで溢れかえっていると感じ、イエスの祈りについて書かれた「巡礼の道」という本に救いを見出そうとする。
10~20代の若者が抱く、社会への憧れや現実に対する落胆・葛藤などが実にリアルで、何気ない仕草や小道具を巧みに描き、微妙な年頃の心理を細やかに表現している。
こういう青春の苦悩は誠実に生きようとする人間なら誰でもぶち当たる壁ではあるが、フラニーは優秀が故に潔癖症にも似た完璧さを求めすぎてしまっているんだろうな。

そんな彼女に自分と同じ「奇形児教育」を受けたと感じている俳優のゾーイーは、共感しながらも説得を試みる。
このゾーイー編、ほとんど会話中心で進行していくのだが、これがいい。
次兄バディからの手紙に始まり、バスタブでのゾーイーと母親ベシー、そしてゾーイーとフラニーの会話と、かなり遠慮なくズバズバ言い合っているのだが、その根底にあるのは間違いなく家族の絆だ。
特にゾーイーは皮肉屋ともいえる自分の性格をよく分かっており、彼のウィットに飛んだ台詞はもはや達観の域。
「全力を尽くしてへばっちまう事ができるなら、同じ力をなぜ元気で活躍するために使う事ができないんだ?」
「君は最低の人間なんかじゃないのに、今この瞬間にも最低な物の考え方に首までつかってるじゃないか」
「俳優の心掛けるべきはただ一つ、他人にどう見えるかではなく、自分が完璧だと思うものを狙う事」
など核心をついた言葉の数々は、フラニーに答えを与えるだけでなく、俺にとっても新たな視野を広げてくれた気がする。

他にも聖書の一節、東洋哲学や詩人たちの格言など広い分野の知識や教養に言及しているが、作品全体に流れているのは繊細かつ鮮やかに描かれた若者の感性と深い家族愛、これに尽きる。
起伏のある劇的なストーリーではないが、生き生きとしたグラース一家が実に魅力的だ。
野崎孝による日本語訳も見事だし、サリンジャーの作品は是非また読んでみよう。
[ 2008/06/05 23:56 ] 海外小説 | TB(0) | CM(2)
昨日、久々にサリンジャを開いて、
やっぱり好きすぎて、
検索をかけて、こちらにお邪魔しました。

特に、『ゾーイー』は私のバイブルなので(笑

頷きながら記事を読ませて頂きました。

グラース一家に惹かれるなら、
『大工』で、冷たいトム・コリンズを飲むのも捨て難いですけど、
やはり、『九つの物語』がいい味出してますよ。
よく噛まないと浸みてこないんですけど。
ブーブーとウォルトの話しもいいですが、
なんといっても唯一、シーモアが立って歩いてますから。

ぜひ、どうぞ。
[ 2008/10/10 00:37 ] [ 編集 ]
こんにちは、コメントありがとうございます!
「ゾーイー」は読後の高揚感というか充実感がたまりませんね。
バイブルというのも頷けます。
「ナイン・ストーリーズ」も先日ゲットしたので今度読んでみます。
レス遅すぎですみませんでした;
[ 2008/10/24 00:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。