太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

悪魔のいけにえ 

悪魔のいけにえ スペシャル・エディション コンプリートBOX(3枚組)
絶叫度 ★★★★★
あらすじ:テキサスの片田舎をドライブしていた5人の若者は、ひっそりと佇む屋敷を見つける。そこには殺人鬼レザーフェイスが潜んでいた…

数多のフォロワーを生んだ、トビー・フーパーによるホラー映画の傑作(1974)。
一度は見ておかねばと思いようやく鑑賞。
実在の殺人犯エド・ゲインをモチーフにしたと言われるこの映画は、人の皮で作ったマスクをかぶりチェーンソーを振りかざすレザーフェイスの強烈なインパクトと、全編に漂う不快感が圧倒的だ。
不気味なヒッチハイカー、古びた屋敷、真夏のまとわりつくような空気…ピリピリと緊張感の高まったところに襲いかかる恐怖はかなりの衝撃。
直接的な残酷描写はほぼ皆無にもかかわらずこれほど怖いのは、演出によるところが大きい。
唸るチェーンソーの轟音もさることながら、個人的にはレザーフェイスに引きずり込まれバターンと閉じる鉄扉の無情な響きが耳から離れない。

中盤までは正体不明の殺人鬼の異常さが怖かったが、残されたヒロインとの壮絶な追いかけっこ辺りからちょっと笑いがこみ上げてくる。
爆音チェーンソーといい勝負を繰り広げるヒロインの絶叫が夜中に響き渡り、殺人鬼一家の晩餐会はどこかユーモラス。普通の人間にはあんなに恐ろしいレザーフェイスも、変人揃いの家族からは意外と虐げられている様子。
パニック状態でひたすら叫ぶヒロインと、異様にマイペースな殺人一家との対比はブラックユーモアがあっていいな。
朝焼けをバックにチェーンソーを振り回すレザーフェイスの姿でブッツリ終わるラストも印象的だ。

感情的な演出を排除し淡々と描いているので、もしかしたらどこかで実際にこんな惨劇が行なわれているかもと思ってしまうようなリアルさがある。
特に前半のたまらない息苦しさは見事としか言いようがない。
以降のシリーズやリメイク版は未見だが、気が向いたら期待せずに見てみるか。
[ 2008/04/26 16:09 ] ホラー/サスペンス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。