太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Motor Ace 

シュート・ディス
必死度 ★★★★★
モーター・エースはオーストラリア、メルボルン出身のオルタナティヴ・ロックバンド。
メンバーはパトリック(Vo/G)、ダミアン(D)、マット(B)、デイヴ(G)の4人。
1998年に結成され、翌年のセルフ・タイトルEPでデビュー。
1stアルバム「Five Star Laundry」(2001)のリリース前にはフー・ファイターズの前座に起用され、全豪オルタナ・チャートでも順調にヒットを飛ばす。

2002年の2ndアルバム「Shoot This」(画像)は全豪一位を獲得。ちなみに日本では本作がデビュー盤。
アルバムからの1stシングル「Carry On」はオアシスの全豪ツアーで前座を務めた際、ギャラガー兄弟から「サビが頭から離れない」と絶賛された一曲。
「自分の選択は正しいのか?」と歌われるキャッチーな王道ロックで、ストリングスの入れ方やメロディーがオアシスに似ている。
ほとんどの曲を書いているパトリックは飼い猫にアシュクロフトと名付けるほどザ・ヴァーヴのリチャードが好きらしく、その影響も大きいだろう。
これらのUKバンドが持つ繊細なギター・サウンドと、大陸的なダイナミズムが融合したストレートなロック・チューンの数々は、US的ハード・ロックが主流のオーストラリアではなかなか珍しい。

ボーナス・トラックとして収録されている1stからの5曲は2ndよりもヘヴィーで印象が違うが、どちらにも共通しているのは音楽に対するひたむきな姿勢――言い換えれば歌詞やメロディーの端々に感じる必死さだ。
多分パトリックって良い意味で真面目、というか正直なヤツなんだろうな。曲を聞くとありのままの感情がビンビンに伝わってくる。
サビの高揚感が気持ちいい「Keeping Secrets」、柔らかなヴォーカルとギター・ラインがイカしてる「For Yourself」(デイヴ作)、1stからは「過去から逃げずに動き出せ」と歌う「Criminal Past」が好きだな。

買った当時は「フーン」って感じだったが、久々に聞いてみたら意外と悪くなかった一枚。でもまぁ平均点ってところか。
なお3rdアルバム「Animal」はヒットには結びつかず、残念ながら2005年に解散した。
[ 2008/01/13 07:53 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。