太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

麦の穂をゆらす風 

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション [DVD]
むなしさ ★★★★★
あらすじ:1920年、英国からの独立のため、アイルランドの若者たちは義勇軍を結成する。医者を目指すデミアンも兄とともに闘いに身を投じ、やがて和平条約が結ばれる。しかし、条約の内容を巡って国内は対立し、兄弟も敵対してしまう。

「マリー・アントワネット」「バベル」「ボルベール(帰郷)」などを押さえ、第59回カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞した作品(2006)。
イギリス人監督ケン・ローチによる戦争ドラマで、イギリス・アイルランドほか合作。主演はキリアン・マーフィー。
アイルランド独立戦争とその後の内戦を背景に、引き裂かれる人々の絆を平凡な一青年デミアンの人生を通して描いている。
前半は自分の名前を英語で言わない少年を殺し、仲間のアジトを吐かせるために生爪を剥がし家を焼くなど、イギリス軍の残虐な弾圧を受けて奮起するアイルランド側の怒りや団結を中心に描かれる。
イギリス対アイルランドという形ではじまった戦争だったが、敵のスパイだと分かった親友を自ら射殺し、葛藤するデミアン。「この戦争にどんな価値があるのか」という台詞が印象的だ。
後半では不平等な和平条約に対してアイルランド内で意見が対立。
対イギリスだった戦いが内戦へと発展し、完全な独立を目指すデミアンと、条約を受け入れる兄テディは敵と味方に分かれてしまう。

つい先日まで仲間だったはずの友人や兄弟と争いあう不自然さ。
そこまでして戦う意味があるのかと自問しながらも互いの信念は曲げられない。
正義のためと言えば聞こえはいいが、疲弊し混乱した情勢の中では何が正しいのか、むしろ正しいものなんて本当にあるのか分からなくなるな。
捕虜として捕らえられ、テディと兄弟最後の会話を交わすシーンが印象的で、翌日の処刑では他に道はなかったのかと見ていてつらい。
夢を捨てたデミアン、愛する弟を失ったテディ、そんなテディに「二度と顔を見せないで!」と泣き叫ぶデミアンの恋人。結局誰も救われていないんじゃないか。
いつの時代も戦争が生み出すものは悲しみばかりで、愚かだと分かっていても繰り返してしまうのは何故なのか。むなしさが募る。
アイルランドのナショナルカラーである緑が印象的で、怒りも愛も悲しみも始終淡々と描いている。
ハリウッド映画ではほとんど考えられないラストだが、このやりきれなさこそこの作品が訴えている事に違いない。
[ 2007/12/24 23:34 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。