太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

禁断の惑星 

禁断の惑星【ワイド版】
元祖度 ★★★★★
あらすじ:西暦2200年、アダムス機長率いる宇宙船C-57-Dは移民団の捜索のため、惑星アルテア4に着陸した。そこは謎の怪物に襲われ、モービアス博士と娘のアルティラだけが生き残っていた。

1954年に製作されたSF映画の古典的作品。
製作当時の評価はイマイチだったようだが、現在は名作として名高い。
本作が普通の娯楽SFと一線を画しているのは、人間心理に重点を置いた点だろう。
それを象徴するのが「イドの怪物」だ。イドとはフロイト理論において無意識層の中心機能を指し、感情や欲求・衝動を自我に伝える機能を持つらしい。
つまり無意識の産物=潜在意識って事か。
「エゴは身を滅ぼす」という一種の教訓が、高度な文明を持ったクレール人と研究を続ける博士を通して描かれている。
心にある悪の部分を姿の見えない怪物に置き換える事で、SFというジャンルの中に上手く収めている。
特殊な環境で産まれたアルティラの設定をもう少し掘り下げてほしかったが。

二人の人間しかいない惑星になぜか虎や鹿がいたり、衣装のセンスが微妙に悪かったり、ロボットのロビーが着ぐるみっぽかったりと、今見るとレトロスペイシーな感じだが俺は好きだな。
宇宙船&研究施設の構造や戦闘シーンのSFXも充分見られるクオリティーだし、CGでゴリ押しな現代のSFより味があって良い。

アダムス役のレスリー・ニールセン、初期はこの作品や「ポセイドン・アドベンチャー」の船長(出番は少ないが)のようにシリアスな二枚目が多かったのに、この後ドタバタコメディー「裸の銃を持つ男」で見事にハッチャケたな。
アルティラ役のアン・フランシスのしなやかな美しさはボテッとしたロビーとは対照的で、二人のやり取りはヴィジュアル的にも面白い。

なお、ロビーの愛らしいルックスは「宇宙家族ロビンソン」(「ロスト・イン・スペース」)のフライデーや、「スター・ウォーズ」のR2-D2のデザインに影響を与えた…が、個人的にもっとビックリな事実が。
それはDVDの特典に入っていたこの作品の劇場予告。
「衝撃の」とか「かつてない体験」とかいう宣伝文句が宇宙の彼方に遠ざかっていくのだが、その演出が「スター・ウォーズ」の冒頭(「これまでのあらすじ」みたいな部分)と全く同じだった。
ダークサイドの存在といいパク…いや、インスピレーションを受けたなルーカス。
[ 2007/11/25 17:06 ] SF/その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。