太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Luther Vandross 

Songs
ロマンティック度 ★★★★★
ルーサー・ヴァンドロスはアメリカのR&Bシンガー。
ロバータ・フラック、ダイアナ・ロス、バーブラ・ストライサンド、アレサ・フランクリンなどのバック・ヴォーカルでの実力が認められ、1976年にソロ・デビュー。
甘いバラードをロマンティックに歌い上げ、1980年代のブラック・コンテンポラリーを代表する存在となった。
2003年に脳卒中で倒れ、その後復帰したものの2005年に54歳で死去。
最後のスタジオ・アルバムは自身初のビルボードNO.1を獲得した2003年の「Dance With My Father」。
そもそも彼の名前を知ったのはこのタイトル・ナンバーであり、グラミー賞のSong Of The Yearに輝いた「Dance With My Father」。
ルーサーが父親に捧げた曲で、俺の好きなリチャード・マークスとの共作という事で興味を持った。
壮大なバラードというわけではないがじわじわと心に染み入り、誰もが自分の父親を静かに思い起こすような名曲だ。

もう少し彼の曲を聞きたいと思い、偶然中古で見つけたのが今回紹介する「Songs」(1994)。
これまでにもアルバムにはサム・クック、スティーヴィー・ワンダー、ビー・ジーズなどのカヴァーを必ず収録していたらしいが、10枚目のスタジオ・アルバムとなる今作は13曲全てカヴァーで構成されている。
セリーヌ・ディオンやマライア・キャリーなどの作品で知られるウォルター・アファナシエフとの共同プロデュースのもと、CS&N、ライオネル・リッチー、シュープリームス、アレサ・フランクリン、ホイットニー・ヒューストンなどの楽曲をルーサー風にカヴァー。
60~90年代にヒットしたオリジナルの魅力を生かしつつ、情感あふれるルーサーのヴォーカルによって上質な大人のポップスに仕上がっている。
まるで彼自身の持ち歌であるかのような錯覚に陥るほど見事に歌い上げているが、中には苦労した曲もあるらしい。
M7の「Ain't No Stoppin' Us Now」は何度歌っても上手くいかず、結局1ヴァースごと重ね録りしてようやく完成させたとか。とてもそうは聞こえないな…。
真っ先に歌う事を決めたのはM2「Killing Me Softly」(やさしく歌って)。前述のロバータ・フラックが'73年にヒットさせ、多数のアーティストがカヴァーしている名曲。
ルーサーは70年代中~後期にかけ彼のバック・シンガーを努めており、ステージでは何度も共に歌った思い出深い曲だそうで、この選曲も当然だろう。
そして、このアルバムのハイライトと言えるのがマライア・キャリーとデュエットしたM3「Endless Love」。
オリジナルはライオネル・リッチーとダイアナ・ロスによるデュエットで、'81年に同名映画の主題歌として9週連続全米一位に輝いたナンバー。
もともと今回カヴァー曲集を提案したのはソニー・ミュージックの社長であるトミー・モトーラ氏。氏が選曲を考えている時に、当時妻だったマライア自ら曲を推薦&デュエットを名乗り出たというのが共演に至った経緯だそうだ。

原曲の良さもあるが、やはり素晴らしいのはシンガーとしてのルーサーの魅力。
囁くような包み込むような温かい歌声が心地良く、思わず聞き惚れる。
特に気に入ったのはアレサのカヴァー「Since You've Been Gone」と、ブロードウェイ・ミュージカル「ラ・マンチャの男」からのスタンダード・ナンバー「The Impossible Dream」。
ルーサーのロマンティックなヴォーカルを一層引き立てる、とてもドラマティックなアルバムで、この時期夜一人で聞くのにピッタリだな。
[ 2007/11/16 14:30 ] US | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ooops.blog83.fc2.com/tb.php/229-63c9f609

mĂA??ĉBmĂA??ĉB@?FTh...
[2008/01/22 22:32] ?H?[
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。