太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウエストワールド 

ウエストワールド
執拗度 ★★★★★
あらすじ:広大な砂漠に建てられたレジャーランド、デロス。ハイ・テクノロジーを駆使し様々な時代を体験できる巨大テーマ・パークで、制御不能になったロボットたちが人々を襲い始める。

米人気ドラマ「ER緊急救命室」の脚本・製作総指揮や、「ジュラシック・パーク」などのSF小説で知られるマイケル・クライトン自ら監督・脚本を手掛けたSFサスペンス(1973)。
開拓時代の西部アメリカ、中世ヨーロッパ、古代ローマを模した3つのセクションを客に体験させ人気を集める巨大レジャーランド「デロス」が舞台。
建物や衣装・生活が忠実に再現され、人間そっくりに作られたロボットが闊歩する各エリアで、訪問客は安全の保証された疑似体験を満喫する…はずだった。

「ジュラシック・パーク」と同じく、テクノロジーに依存する人間の驕りをテーマにしている。
今見るとやはり古臭さは否めないが、当時のSFとしては新鮮だったんじゃないだろうか。
ただ作品のテーマ以上にインパクトがあるのは、名優ユル・ブリンナーが出演している事。西部劇の雰囲気を味わえるエリアのガンマン役ロボットで、なんと「荒野の七人」と同じコスチュームで登場している。このパロディはかなり嬉しい。
ブリンナーは存在感の薄い主人公の前に現れ決闘を申し込むが、ロボットは人間を殺せないシステムになっているので主人公にあっさり撃たれる。
乱闘や暴動はイベントの一環としてコントロール・ルームで操作され、倒れたロボットたちは夜中スタッフが回収して修理し、また戻される。日の出の時間になると定位置についたロボットが一斉に動き出す。昼間は活気に溢れているが、あくまで仮想現実という事を強調する印象的なシーンだ。

西部劇エリアをはじめ、他のエリアでも運び込まれるロボットの数が増えている事に気づいた技術チームは客の安全に不安を覚え始める。
そしてロボットの蛇が客に噛み付き怪我をさせたのを知り、施設の運営を中止しようとするが既に遅く、制御不能になったロボットたちが次々と暴れだす。
主人公を黙々と追いかけるブリンナーの不気味な存在感は抜群。
硫酸をかけられても焼かれてもなかなか倒れず、ちょっとメカメカしい動きでどこまでも追ってくる。この執拗さ、確実に「ターミネーター」に影響を与えてるな。

だが全体的に作りがやや粗い。
まず、タイトル通り西部劇エリアが物語のメインではあるが、他のエリアの描き方が足りないのでバランスが悪い。
全てのロボットがいきなり殺人に走るというのも無理がある。ロボットが人間に悪意を抱きそうな伏線を前もって入れておけばもう少し説得力が出たんじゃないだろうか。
さらに、人間以外の生物は全てロボットのはずなのに馬は違うというのが突っ込みどころ。本物だと明示されてはいないが、ロボットだったら逃げる主人公を乗せて走ってはくれないよなぁ…
シリアスに進行するストーリーでは、こういった小さなシミが気になると一気に冷めてしまう。
演出はまずますだがダレるシーンもあり、終盤でどうにか持ち直した感じ。
ヒロインがいないので華もなく、ユル・ブリンナーが一人で頑張ってます!な作品だった。
[ 2007/11/06 23:51 ] SF/その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。