太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

十二人の怒れる男 

十二人の怒れる男

密室度 ★★★★★
あらすじ:17歳の少年が起こした殺人事件に関する陪審員の討論が始まったが、誰が見ても有罪と思えたその状況下で、ひとりの陪審員が無罪を主張した事から物語は動き始める。

高い評価を受けたTVドラマを映画化したもので、陪審員と法廷モノの金字塔と言われている。1957年公開。
モノクロ、ほぼ全編陪審員室の中、かつ12人の男たちによる会話だけで展開しているにも関わらず、緻密な脚本と臨場感ある役者の演技力によって見応え充分の内容だ。
疑う余地の無いであろう事件に時間を割きたくない他の陪審員に対し、ヘンリー・フォンダ演じる陪審員8番だけが「一人の人間の運命をたった5分で決めてはいけない」と、話し合いを求める。
最初は否定していた彼らだが、改めて審議していくうちに有罪判決が不確かなものへ変わっていく過程がスリリングで、どんどん惹き込まれる。

この作品で重要なのは事件の真偽ではない。本当に少年が殺人犯なのかは最後まで明らかにされない。
分かるのは陪審員たちの下した最終判断だけ。有罪であろうと無罪であろうと、それは客観的な「判決」という形でしかなく、たとえ限りなく真実に近くても真実そのものではないと思う。
「有罪とは思えないから無罪だ」というヘンリー・フォンダの台詞からもそれが窺える。無罪=無実とは限らないが、確たる証拠がない限り有罪には出来ない、という事だろう。
有罪に違いないと思っている他の陪審員は当然反論し、暑い部屋の中で議論も熱を帯びていく。
意見が深く交わされていくうちに明らかになるのは事件の不確実さと同時に陪審員たちの人格だ。家族を持つ者、スラムで暮らした者、偏見を抱く者…彼らの内面をも描いたドラマとして確立させている。
意見を翻す者が増えていくなか最後まで有罪を主張するリー・J・コッブの存在感は抜群。
長かった審議が終わり、雨上がりの裁判所外へと陪審員が散っていくラストが清々しい。

映画として素晴らしいのは勿論だが、やはり日本でも近いうちに始まる陪審制度について考えさせられる。
自分とは無関係な事件だとしても、無関心であってはいけない。審理に加わる以上、責任感を持って臨むべきだ。
とはいえテレビで擬似体験を見た限り、スピーディーに進行する裁判についていくのは容易じゃなさそうだ。
裁判というもの自体に関心を集める事も必要だろうな。
[ 2007/10/09 20:50 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。