太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Michel Gondry 

DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー BEST SELECTION
ドリーミー度 ★★★★★
監督別の映像集「Directors Label」の一つ、ミシェル・ゴンドリー。
ミュージック・ビデオに興味がない方も、まずは見ていただきたい。
1.カイリー・ミノーグ「Come Into My World
2.ケミカル・ブラザーズ「Let Forever Be
3.ダフト・パンク「Around The World

どうだろう、驚かない人はいないんじゃないだろうか。
1はパリの街を歩くカイリーやバックの人々が一周ごとに増えていく。一人目に2人目・3人目の行動が重なる、曲の反復性を生かした作品。
2は70年代・80年代のビデオ・エフェクト風の映像(万華鏡のような効果など)を意識したカラフルなビデオ。増殖するダンサー、ドラマー達はCGではなく全て本物。
3はダンサーを曲のパートごとに分け(ギターは骸骨、シンセはディスコ・ガールなど)、それぞれが独特のリズムと動きで円を描きながら踊り続ける。

ミシェルは世界中の映像作家からの尊敬も多大で、CMやMV以外にも「ヒューマン・ネイチュア」(2001)、「エターナル・サンシャイン」(2004)、「恋愛睡眠のすすめ」(2006)など長編映画も手掛けている。
だがやはり彼の才能を堪能できるのは素晴らしいMVの数々だろう。
特徴としては、夢の中のような不思議な世界観(ベック「Deadweight」、ビョーク「Bachelorette」スミロフのCM「Smarienberg」)と幾何学的に練られたシュールな映像(上記「Let Forever Be」、ホワイト・ストライプス「The Hardest Button To Button」)、ドラム好きな彼ならではのリズム感(上記「Around The World」、ケミカル・ブラザーズ「Star Guitar」←お気に入り)などが挙げられる。
明らかにサム・ライミの「死霊のはらわた」を連想させるフー・ファイターズ「Everlong」や、本物のレゴ・ブロックを使い2ヶ月かけて完成させたホワイト・ストライプス「Fell In Love With A Girl」(DVDジャケットのもの)なんかはコアな魅力全開。
多彩なアイディアはもちろん、想像の世界でしか成立しないような事をアナログ感覚で作り上げてしまうのだから恐れ入る。ビョークの信頼も厚いってものだ。

ショート・フィルム「One Day」はその下らなさが素敵な一本。ミシェルが突如現れた彼の排泄物に「パパ」と呼ばれつきまとわれる。
「僕を殺そうとしただろ!人殺し!前は流す前に僕を見たのに」「昔はそうでも今は見ないよ」
→「僕を認知するなら起訴はしない」「分かったよ」
→抱き合う二人。
こういう子供のような想像力を持ち続けるミシェルが大好きだ。
[ 2007/10/04 20:19 ] Directors Label(MV集) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。