太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Blackmore's Night 

アンダー・ア・ヴァイオレット・ムーン
中世的度 ★★★★★
ブラックモアズ・ナイトは元Deep Purpleのリッチー・ブラックモアと、ガールフレンドであるキャンディス・ナイトの2人からなるフォークロック・ユニット。
1997年の「Shadow Of The Moon」でデビュー。
中世ヨーロッパのフォークソングや民謡から影響を受けた楽曲は神秘的かつ独創的。さらに親しみやすさも兼ね備えている。
主にリッチーが作曲しキャンディスが作詞を担当しているが、妖精・魔法・伝説なんて単語がこれほど似合うグループは他にないだろうな。

俺がブラックモアズ・ナイトを知ったのは高3の時。
姉がCDショップで視聴し即買いした2ndアルバム「Under A Violet Moon」(画像)がきっかけ。家でガンガンに掛けているのを聞いて俺もピンときた。
リッチーの奏でる繊細で大胆なアコースティックギターの音色と、透明感のあるキャンディスの歌声は鳥肌モノだ。
Under A Violet Moon」「Past Time With Good Company」「Wind In The Willows」が好きだが、最初から最後まで飽きずに聞けるのがすごい。

ライヴでも中世ファッションを身にまとい、どこの吟遊詩人ご一行様ですかって感じで素晴らしい。
Black Night」や、Rainbow時代の「Street Of Dreams」などが度々セットリストに加えられているのも嬉しいサービス。
最近では「Smoke On The Water」も解禁され大ウケ。オーディエンスももちろん大熱唱だ。
[ 2007/07/21 23:36 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。