太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Johnny Clegg & Savuka 

Cruel, Crazy, Beautiful World
クロス・カルチャー度 ★★★★★
ジョニー・クレッグはイギリス生まれの白人。幼い頃にアパルトヘイト時代の南アフリカに移り住み、現地のズールー人たちの音楽に魅せられて音楽家を志したという異色の存在だ。
70年代の終わりに結成したグループ・ジュルーカでは「アフリカの夜明け」(81年)というアルバムが世界的にヒット。
その後結成したグループがこのサヴーカ。白人と黒人の混合バンドだ。
映画「レインマン」でも使われた「Scatterlings Of Africa」や、ネルソン・マンデラに捧げられた「Asimbonanga」のヒットによりワールド・ミュージック・ブームの火付け役となる。

レインマンのサントラで初めて「Scatterlings~」を聞いた時は衝撃を受けたな。アフリカン・テイストあふれる、生き生きとした力強いメロディーは全く新鮮だった。
で、勢いで買ったのがこのアルバム「Cruel, Crazy, Beautiful World」(画像)。
アフロのリズムと白人のポップスが融合したサウンド、英語と現地語で歌われる歌詞が強烈だ。
キャッチーな曲調に社会的なメッセージを込め、反人種差別運動に影響を与えた役割も大きい。

西洋とアフリカ音楽、双方が自然に溶け合った美しいメロディーは心地よく、ワールド・ミュージックに疎い俺でもその凄さは感じ取った。
なんといってもアフリカ独特のビートとコーラスが良い。猪木でおなじみの「ボンバイエ!」的な…(まぁアレは「やっちまえ!」って意味だが)。
洗練された極上のメロディーに浸りつつ、生命力と希望に満ちた人間の姿に元気づけられる事間違いなしだ。
おすすめは「Jericho」「Moliva」「Warsaw 1943」。
スポンサーサイト
[ 2009/03/24 10:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)

Celine Dion@京セラドーム大阪 

Taking Chances
ライヴレポ第3弾。今回は世界の歌姫セリーヌ・ディオン。3/11の大阪公演に行ってきた。
'07年11月に日本先行リリースされた最新アルバム「Taking Chances」(写真)を引っさげての、9年ぶりとなる来日公演。「セリーヌ完全復帰!」とメディアでも大々的に取り上げられた。
でも実は未だに新譜持ってないんだよなぁ。
女性アーティストの中ではダントツで好きなんだが、猛烈ダッシュで買いに走る事もなく、「何とかなるだろ」という微妙なテンションで大阪へ。
会場内は中央にステージが設けられ、客席は東西南北4つのブロックに分けられている。スクリーンもステージ上部に4つ設置。
俺の座席は北ブロックのアリーナ15列目で通路の隣という、なかなか見やすい位置だった。
が、姿を現したセリーヌはいきなり後ろ姿。どうやらメインステージは南ブロックの様子。

一曲目は「I Drove All Night」。響き渡る圧倒的な歌声に場内は大興奮。
序盤からヒット曲連発で、特に「Falling Into You」からのナンバーが多かった。
A World To Believe In」では東京公演に引き続き伊藤由奈が登場し、二人で互いを褒めあいながらデュエット。伊藤パートが思ったよりも多く、彼女なりに頑張っているのは伝わったが、やっぱりセリーヌと比べると歌唱力に明らかな差があるな。
伊藤由奈が退場すると「ズンズンチャ、ズンズンチャ」と聞き覚えのあるイントロが。
「この曲知ってる?さぁ、みんな立って!」とセリーヌが促し、Queenの「We Will Rock You」で場内のムードは一変。
エネルギッシュなパフォーマンスに盛り上がった後、ラストを飾るのは「My Heart Will Go On」。
一言一言をかみ締めるように歌い上げ、何度も「Thank you!」と言って退場…かと思いきや、南と西ブロック間の観客席を通って出て行ったようだ。握手とか出来た人、おめでとう。

総評としては、正直言って完全燃焼には至らず。
というのもセリーヌの歌声以外の部分に色々と不満があったからだ。
1:ステージセット。俺のいた北ブロックはセリーヌがあまり振り向かず、東西ブロックのようにせり出したステージも無いので微妙な盛り上がり。スクリーン見てればいいやって事で、せっかくセリーヌが「Stand up!」と言っても立ち上がりにくいムードになっていた。
2:曲構成。前半は良曲が集中し大いに盛り上がったが、後半はカヴァー曲多めなので知らない人は結構ポカーン状態。特に「It's All Coming Back To Me」「Because You Loved Me」「To Love You More」を短縮バージョンのメドレー仕立てにしないで、どれかを後半にも回せば良かったのでは。
All by Myself」と「Alone」は感動ものだったが、カヴァー曲やりすぎなのもちょっとな…。
3:演出。オープニングのビデオに始まり、可動式スクリーンや床を走るLEDライト、多色のレーザー光線はビッグスターならではの大掛かりな演出で良かった。が、ダンサー達は個人的にアウト。マッチョなパフォーマンスがライヴの雰囲気に合ってないし、人数がやたら多くて正直うっとうしい。

というわけでイマイチ集中力が続かなかったが、セリーヌの歌唱力自体は文句なく素晴らしかった。
公演前に見たTVの特番で感じたとおり、彼女はとても気さくでお茶目で楽しい人だったな。
MCで「10年ぶりに日本に帰ってきたけど、10年は長すぎよ」とか、「日本の食べ物は大好き!…トロとか(場内爆笑)。お腹空いちゃったわ(笑)」と、分かりやすいようにゆっくり喋ってくれた。
さらに日本語で歌まで披露。「私、私はとても幸せね あなたの愛に包まれてるから♪」って可愛らしく歌ってたが一体何の歌だろう?

セット・リスト:
[ 2008/03/21 23:12 ] その他 | TB(0) | CM(0)

Rufus Wainwright@クラブダイアモンドホール 

一ヶ月近く放置していてすみません。
プライベートでゴタゴタが続いていましたが、ようやく落ち着いたので久々に更新。
今更かよって感じのライヴ感想です。

ルーファス・ウェインライト
1月20日、名古屋クラブダイアモンドホールで行われたルーファス・ウェインライトのライヴに行ってきた。
簡単に説明しておくと、ルーファスは1973年、ニューヨーク生まれのシンガー・ソングライター。
幼少期に移住したカナダで作曲の才能に目覚め、ポップ・ミュージックにオペラなどの要素を取り入れた独自の音楽性で注目を集める。
さらにルーファスを語る上で切り離せないのは、彼がデビュー当時からカミングアウトしているゲイだという事だ。
それは歌詞にも表れているし、曲の雰囲気からも感じられる。彼の世界観を形作っている重要なファクターなのは間違いない。

俺がルーファスを知ったのは映画「I Am Sam」のサントラに収録されていた「Across The Universe」。
これはビートルズのカヴァーで、劇中でも印象的に使われたナンバー。どこかアンニュイなヴォーカルが耳に残った。
それからも度々「ルーファスは良い」との評判は聞きつつ保留中だったが、来日情報を知り唐突にチケットと1stアルバム(写真)を購入。

ちなみに今回は2007年の新作「Release The Stars」が英米で好評だったためか実現した10年ぶりの来日公演らしい。
今まで見たのは大規模コンサートばかりでライヴハウスは初体験だったが、一言で言うと楽しかった。
1stからは「Matinee Idol」しかやらなかったので予習不足全開。が、CDと同じレベルの歌唱力に加え、バンドメンバーによる迫力の演奏が素晴らしい。
特にルーファスの歌声はCD以上に生命力に溢れていて、春の息吹みたいなものを始終感じたな。生で聞いて感動したのは久々かもしれない。

予想より会場が小さく、しかもオールスタンディングだったので一体感があり、観客の盛り上がりも上々。
アンコールの「Get Happy」(ジュディ・ガーランドのカヴァー)では網タイツ&ハイヒール姿で、ダンサーズに変身したバンドメンバーとノリノリに踊っていた。最高だ。
休憩を挟んだ二部構成で、エンターテイメントというか一種のショーみたいな感じだったな。
あんな一流のパフォーマンスを間近で見られるとは…衝動買いしてよかった。他のアルバムも是非買おう。

セットリスト:
[ 2008/02/17 01:30 ] その他 | TB(0) | CM(0)

Motor Ace 

シュート・ディス
必死度 ★★★★★
モーター・エースはオーストラリア、メルボルン出身のオルタナティヴ・ロックバンド。
メンバーはパトリック(Vo/G)、ダミアン(D)、マット(B)、デイヴ(G)の4人。
1998年に結成され、翌年のセルフ・タイトルEPでデビュー。
1stアルバム「Five Star Laundry」(2001)のリリース前にはフー・ファイターズの前座に起用され、全豪オルタナ・チャートでも順調にヒットを飛ばす。

2002年の2ndアルバム「Shoot This」(画像)は全豪一位を獲得。ちなみに日本では本作がデビュー盤。
アルバムからの1stシングル「Carry On」はオアシスの全豪ツアーで前座を務めた際、ギャラガー兄弟から「サビが頭から離れない」と絶賛された一曲。
「自分の選択は正しいのか?」と歌われるキャッチーな王道ロックで、ストリングスの入れ方やメロディーがオアシスに似ている。
ほとんどの曲を書いているパトリックは飼い猫にアシュクロフトと名付けるほどザ・ヴァーヴのリチャードが好きらしく、その影響も大きいだろう。
これらのUKバンドが持つ繊細なギター・サウンドと、大陸的なダイナミズムが融合したストレートなロック・チューンの数々は、US的ハード・ロックが主流のオーストラリアではなかなか珍しい。

ボーナス・トラックとして収録されている1stからの5曲は2ndよりもヘヴィーで印象が違うが、どちらにも共通しているのは音楽に対するひたむきな姿勢――言い換えれば歌詞やメロディーの端々に感じる必死さだ。
多分パトリックって良い意味で真面目、というか正直なヤツなんだろうな。曲を聞くとありのままの感情がビンビンに伝わってくる。
サビの高揚感が気持ちいい「Keeping Secrets」、柔らかなヴォーカルとギター・ラインがイカしてる「For Yourself」(デイヴ作)、1stからは「過去から逃げずに動き出せ」と歌う「Criminal Past」が好きだな。

買った当時は「フーン」って感じだったが、久々に聞いてみたら意外と悪くなかった一枚。でもまぁ平均点ってところか。
なお3rdアルバム「Animal」はヒットには結びつかず、残念ながら2005年に解散した。
[ 2008/01/13 07:53 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ライヴに行きたいアーティスト 

今年は2月のスティーヴィー・ワンダーしか見に行ってない事に気づいた。
仕事の都合で年内はもう無理っぽいが、年が明けたら行きたいやつが結構あるな。
1月:ルーファス・ウェインライト
2月:ステレオフォニックス、クーラ・シェイカー
3月:セリーヌ・ディオン、マルーン5、TOTO/ボズ・スキャッグス

とりあえずルーファスのチケットはGET。次はステフォとセリーヌ・ディオンだ。
[ 2007/11/28 23:49 ] その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。