太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スポーン 

スポーン
イメージ重視度 ★★★★★
あらすじ:CIA工作員のアル・シモンズは上司の裏切りにあい暗殺される。地獄に落ちたアルは魔王マレボルギアと契約を交わし、地獄の軍団の指揮者スポーンとなって蘇る。

ダークな世界観が人気のアメコミを映画化。1997年公開。
公開当時のテレビCMで衝撃を受けた記憶がある。生き物のように蠢く真紅のマントを翻し、天井から降りてくるスポーンの画は迫力があった。
「これは普通のアクションとはちょっと違うぞ」と思わせるものがあり、実際に見てみたら確かに違う。
違うというか異色。しかも後ろ向きな意味で。
というのも、色々と中途半端なB級全開作品だったから。

地獄の使者になってまで生まれ変わったのに、最愛の恋人は自分の親友と結婚。絶望に暮れスラム街をさまよう孤独な主人公。
自分を殺した上司への復讐に燃えるアルの前に現れる魔王の部下クラウン。
このまま人類を破滅させ闇の使命を全うするのか、それとも人間としてのプライドを取るのか…
苦悩する男の孤独な闘いが描かれるのかと思いきや、案外そうでもなくて肩透かし。人間ドラマの部分はチープ感漂いまくりだ。
何だかガッカリなアルとは逆に、超生き生きしているのはクラウンの存在。
道化師の名の通り、奇抜なファッションでユーモラスな動きをしつつ下品なブラックジョークを飛ばす、ムードメイカーかつムードブレイカーだ。バットマンの悪役といい、ムカつくけど愛嬌のある敵キャラは良いね。
主人公を完全に食っているがコイツのおかげで間が持ってる感じ。他のキャラクターはほとんど空気。

他にこの作品の特徴を挙げるなら、ILMによるCGか。
スポーンの黒いコスチューム(ネクロプラズミック・アーマー)は魔界の寄生生物という設定で、状況に応じてマント、チェーン、鉤爪など自由自在に変化する。
中でもインパクト大なのはやはりマント。画面いっぱいに広がったかと思うと一瞬で収縮する演出は斬新だ。冷静に考えたら無駄ぎみだが画的にはカッコイイので許す。
だがILMにしてはリアルさが足りないというかイメージ先行型で、地獄の描写なんかはアマチュア制作みたいで萎えるな。
終盤のクラウン(メカトカゲver)&魔王マレボルギアとの対決はあまりにチャチでポカーンとしてしまった。なんかのクソゲーの映像かこれは。

というわけで総評、結局どうしたかったんだ。
ところどころ(主にクラウン)は面白かったが、途中で方向性を見失ってしまった感あふれる作品だった。2回見る気はまず起きない。
ちなみに本作のサントラはHR/HMとテクノミュージシャンが共演した豪華盤。
かなり気合いが入っているが、ダークなテイストを醸し出しているのが音楽だけというのは…
スポンサーサイト
[ 2008/08/04 01:19 ] アクション/パニック | TB(0) | CM(0)

ジャンパー 

ジャンパー (特別編)
置きざり度 ★★★★★
あらすじ:ごく普通の高校生だったデヴィッドは、ある日自分にテレポート能力がある事を知る。その能力で銀行の金庫から大金をせしめ、自由を満喫していたデヴィッドだったが…

「ボーン・アイデンティティー」、「Mr.&Mrs. スミス」のダグ・リーマン監督によるSFアクション・アドベンチャー(2008)。
瞬間移動できる能力を持った“ジャンパー”と、ジャンパーを追う組織“パラディン”との闘いを描く。
期待して見たわけじゃないが、はっきり言ってイマイチな内容だ。
瞬間移動(ジャンプ)能力を持った主人公デヴィッドは真っ先に銀行強盗をやらかす。自分の欲望を満たすために力を使うというのがいかにも現代の若者らしい。
一方、「好き勝手やってるジャンパーたちを抹殺するのが正義!」と意気込むパラディンたちは様々な武器を駆使してデヴィッドを追いつめる。
設定は悪くないと思うが、登場人物たちの内面描写がかなり雑というかほぼ皆無だし、中世にまで遡るというジャンパーVSパラディンの歴史の説明もすっ飛ばしているので薄っぺらなストーリーになってしまっている。
続編を意識しているのか知らないが幕切れも中途半端で「え?これで終わり?」と突っ込みたくなった。キャラクターも観客も完全に置いてきぼりだ。

―という風に脚本面ではかなりグダグダだったが、映像面はなかなか。むしろそちらがメインでストーリーはおまけと思った方がいいかもしれない。
主役となるジャンプシーンは製作スタッフが「とにかくカッコよく!」をテーマにした通り、スピーディーかつスタイリッシュな映像に仕上がっている。
さらに、世界中を飛び回るジャンパーの特性に合わせて世界各地で実際にロケを敢行。今回特別に撮影許可が下りたローマのコロシアムをはじめ、ニューヨーク、ロンドン、パリ、エジプトや東京のシーンもあり観光気分を味わえる。

主人公であるデヴィッドには魅力を感じなかったが、原作の小説には登場しないジャンパー、グリフィンはかなり良かったな。
ジェイミー・ベル演じるワイルドでクレイジーな役だが、ローランドとの戦闘シーンはパワフルなパンチありロンドンの二階建てバス投げありで作中一番燃えた。ベンツでの爆走ドライブやデヴィッドとの世界を股にかけたリモコン争いも面白かったし、グリフィンのおかげで作品が生き生きしたんじゃないだろうか。
この作品で褒められるのはビジュアルとグリフィン、それだけだな。
[ 2008/05/04 00:27 ] アクション/パニック | TB(0) | CM(0)

黒い絨氈 

黒い絨氈
邦題がナイス度 ★★★★★
あらすじ:1901年、南米アマゾンの奥地に白人の女ジョアンナが農園を経営するクリストファーと結婚するためにやってきた。意見が合わず諍いを続ける二人だったが、やがて人食い蟻マラブンタの大群が近づいている事を知る。

監督バイロン・ハスキン&製作ジョージ・パルという「宇宙戦争」(オリジナル版)のコンビによるSFパニック(1954)。
南米アマゾン川上流の開拓地を舞台に、人喰い蟻マラブンタと農園主の戦いを描く。
クリストファー役にチャールトン・ヘストン、ジョアンナ役はエレノア・パーカーという2大スター共演。
一応パニック映画だが、前半は二人のメロドラマが展開する。
一代で富と名誉を築き上げ、プライドが高い反面女性には奥手のクリストファーと、彼の顔も知らずに応募してやってきた才女ジョアンナ。
ジャングルには不釣合いな豪邸で結婚生活を始めるが、才色兼備の彼女がバツイチだと知ると童貞クリストファーは憤慨。
「新品じゃなきゃイヤだ!」とダダっ子全開のワガママが炸裂し、ジョアンナを帰国させようとする。
意見を言っても取り合ってもらえず、諦めて荷造りをするジョアンナ。

…この時点で95分のうち残り30分を切っている。
一体どこがパニックなんだ、とこっちの頭がパニックになりかけた頃ようやくメインディッシュに突入。
何でも食い尽くす蟻マラブンタ VS クリストファー&雇用人+ジョアンナの戦いが始まる。
幅3km長さ30kmにもなる蟻の大群が地面を覆う様子はまさに「黒い絨毯」で、要の特撮は今見てもチープだとは感じない。
農園に続く橋を壊しても、木から落とした葉を船代わりにして「それいけー!」と川を渡ってくるシーンは印象的。賢いなマラブンタ。
クライマックスの洪水もミニチュアとは思えない迫力。
最近のパニック映画に慣れているせいか最後のオチを期待していたら普通にジ・エンドだったが、これはこれでいいか。

蟻の一匹一匹は可愛いものだが、地面いっぱいにウジャウジャ動いている様はやっぱり不気味なものだ。
それが山をも覆う大群になって襲ってきたら人間はひとたまりもないな。
危機を察知した動物たちは真っ先に逃げ出すが、人間は道具を使って戦おうとする。どちらが賢いのか分からなくなりそうだ。
ヘストンの堅物ぶりとパーカーの美しさは見応えあるが、ドラマ部分はもう少し短い方がよかった。
まぁ一番良いのは邦題だな。原題の「The Naked Jungle」より脅威的で、一度聞いたら忘れられないタイトルだ。

さて、次はもう一つの黒い絨毯「スラッグス」(ナメクジ)を見るか。
[ 2007/09/10 23:57 ] アクション/パニック | TB(0) | CM(0)

グーニーズ 

グーニーズ 特別版
ワクワク度 ★★★★★
あらすじ:落ちこぼれ少年団“グーニーズ”はある日屋根裏で伝説の海賊ウィリーが隠した宝の地図を見つけ、宝探しの冒険に出る。

キッズ・アドベンチャーとして根強い人気を誇る作品(1985)。タイトルは知っていたが、この歳になって初めて見た。
「子供の頃に見たかった」というのが最初の感想。
感情移入までには至らず、どうしても客観的に見てしまう。
とはいえ、子供じゃなくてもなかなか楽しめる内容だ。

まず、キャラクターがみんな個性的。
冒険を夢見る主人公マイキー、食いしん坊で虚言癖のあるチャンク、ワルぶっていておしゃべりなマウス、発明が得意なデータ。
グーニーズ4人に加え、マイキーの兄やその彼女と友人、さらに悪役フラッテリー一家まで気持ちいいぐらい生き生きしている。
登場人物たちの会話も軽快で面白く、ドタバタなノリが笑える。特に大男スロースとチャンクの凸凹コンビが最高。
物語のメインとなる宝探しの道中には海賊の仕掛けた様々なトラップが仕掛けてあり大騒ぎ。
ヒントが地図に書かれているのはお約束だが、「次は何だ?」とワクワクする。
財宝にたどり着くまでに多少ダレるシーンもあるものの全体的にテンポ良く進み、ハチャメチャバトルを繰り広げて円満終了。
バッチリ予定調和で思いっきりディズニー風。が、ラストシーンで遠くに見える海賊船の雄姿には感動した。

監督は「オーメン」「リーサル・ウェポン」「マーヴェリック」など何でもソツなくこなす職人肌のリチャード・ドナー。
製作総指揮はスティーブン・スピルバーグなのでインディ・ジョーンズ的な感じも確かにある。
主人公マイキー役はショーン・アスティン。聞き覚えがあると思ったら「ロード・オブ・ザ・リング」のサム(フロドの従者)役の人か、…太ったな。
なお、DVD特典は主題歌であるシンディ・ローパーの「The Goonies 'R' Good Enough」のMVや、メイキング、未公開シーン集、出演者による音声解説など。
[ 2007/07/24 23:42 ] アクション/パニック | TB(0) | CM(0)

マーヴェリック 

マーヴェリック [DVD]
2転3転度 ★★★★★
あらすじ:西部最大のポーカー大会に出場するため資金集めの旅に出たギャンブラー、マーヴェリックは女詐欺師アナベル、謎の保安官と出会い、共に旅を続けるが…

メル・ギブソンとジョディ・フォスター、2大スター共演のコメディータッチな西部劇(1994)。
元は1950年代のTVシリーズで、TV版で主役だったジェームズ・ガーナーが保安官役で出演している。
目的となるのはポーカー大会だが、はっきり言ってこの映画の楽しみはそこじゃない。
ドタバタ珍道中と2転3転する展開が見どころだ。
何だか情けない3人組が繰り広げる旅模様は笑いの連続。ジョディのおバカな悪女も案外ハマってるな。
終盤は予想外(というか伏線もないので予想不可能)な、どんでん返しのフルコース。何回驚かせれば気が済むんだよ。
微妙に強引だがこのテンポが魅力なので目をつぶろう。

監督は「リーサル・ウェポン」シリーズでメル・ギブソンとタッグを組んだリチャード・ドナー。
メル・ギブソンとの相性も良く、笑いのツボをしっかり抑えた娯楽大作に仕上がっている。
ダニー・グローヴァー、スティーヴ・カーンらがゲスト出演していたり、あの台詞も出てきたりとリーサル~のパロディー的な要素も。
他にも遊び心のある小ネタが満載だ。(英語版Wikipedia参照)
下ネタもないので家族や恋人と見ていても気まずくなる心配無用。
皆でワイワイ見ましょう。
[ 2007/07/10 22:49 ] アクション/パニック | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。