太陽の首都

つぶやき以上レビュー以下な雑感サイトです
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イースタン・プロミス 

イースタン・プロミス [DVD]
あらすじ:助産婦のアンナが働く病院に10代の若い妊婦が運び込まれ出産直後に息を引き取る。少女のバッグからロシア語で書かれた日記を見つけたアンナは、妊婦の身元を調べるうち…

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のタッグ再び。ヴィゴ・モーテンセン主演、デヴィッド・クローネンバーグ監督によるロンドンの裏社会をバイオレントに描くクライム・サスペンス(2007)。
クローネンバーグというと「ザ・フライ」「ヴィデオドローム」「裸のランチ」などカルトな作品が多いイメージだったが、今作は男の孤独を描いたハードボイルドの王道とも言える内容だ。
ナオミ・ワッツが闇の世界に巻き込まれる気丈なヒロインを演じているが、なんといってもストイックなロシアンマフィア役のヴィゴの渋い魅力がたまらない。
オールバックに黒のロングコートと皮手袋、くわえタバコのいでたちといい、落ち着いた振る舞いの中に複雑な感情を内包した表情といい、いぶし銀な演技が光る。今まであまり意識してなかったがなかなか演技力のある俳優だな。
物語のハイライトであるサウナでの格闘シーンは丸裸なだけに強烈なインパクトを残す。とはいえ滑稽な感じは全くなく、緊迫感あふれる生々しい死闘に圧倒される。ただ、撮影はかなり大変だっただろうなと…(アングルとか)。
状況設定や人間関係の背景などを出来る限り排除しているのでやや展開が掴みにくいものの、説明しすぎない事で逆にマフィアが暗躍する裏社会の底知れぬ暗さを際立たせている。全体的に青みがかった薄暗い画面作りもGOOD。
派手な銃撃戦やアクションバリバリのハリウッド映画とは違い、冷酷と信念が絡み合うギリギリの緊張感を上手く捉えた社会派サスペンスだ。
ところでタイトルの「イースタン・プロミス」はどういう意味だろうと思っていたら、どうやら作品のテーマである人身売買の事らしい。

★★★★
スポンサーサイト
[ 2009/11/15 21:29 ] ホラー/サスペンス | TB(0) | CM(0)

デモンズ 

デモンズ [DVD]
超展開度 ★★★★★
あらすじ:メトロポールという劇場で映画の試写が行なわれる事になった。悪魔の手先デモンズの復活を描いたホラー映画が上映され始めると、映画と同じように観客もデモンズになってしまい…

イタリアン・ホラーの巨匠マリオ・バーヴァの息子、ランベルト・バーヴァ監督によるホラー(1985)。
設定に惹かれて見てみたが思ったより面白くなかった。
俺が思うにこの映画は上記のあらすじ部分までがクライマックス、残りは惰性だ。
出てくる怪物をデモンズに変えただけで設定自体は亜流ゾンビみたいなものだが、映画館という閉ざされた空間である事と、目の前の作り話が現実の出来事になるという心理的恐怖をテーマにした点は良い。
こういう感染ものは最初の1、2人までが肝心で、本作では頬から出血した女性がトイレで異変に襲われ、傷口から膿(?)が飛び出す演出で惹きつける。二人目は顔が変形し鋭い爪が伸び、人間の歯から悪魔の牙に生え変わる様子をたっぷりと見せてくれる。
目潰しや頭部もぎ取りなどグロ描写もなかなかで、劇場内は恐怖のどん底に。

が、ここからの展開は酷い。
入口が閉ざされ他の脱出法を探す観客たち。やたら走り回るが映画館の構造が分かりづらい上に、行動がバラバラで視点もコロコロ変わりすっきりしない。
説明不足や矛盾点も多く、テンポが悪いので途中で飽きた。
ただ少し持ち直したのは終盤の撃退シーン。男が展示品の日本刀でデモンズと化した友人をスパッとぶった切る辺りから思わぬ方向に。
いつの間にかデモンズだらけ(よくあるパターン)になった劇場をバイクにまたがりバッサバッサとなぎ倒す。ハード・ロックなBGMもあいまってストーリーは突然爽快アクションに早変わりし、そこにヘリが落ちてきたりともう笑うしかない。
開き直ったのか諦めたのか、あとはベタなオチで終了。

前半と後半でここまでテイストが違うのもある意味すごいな…
冒頭の地下鉄シーンはなにやら起こりそうな雰囲気があり、ダリオ・アルジェント(製作)と元ゴブリンのクラウディオ・シモネッティ(音楽)にも納得していたが、全体的にはカット割りや脚本の甘さが目立った。
同じ支離滅裂でもルチオ・フルチのような情熱は感じられず、何がしたいのかいまいち分からない。どうせ突っ走るならもっと滅茶苦茶にすりゃいいのに。
フィクションと現実が同化してしまう恐怖を描きたいのか、デモンズと闘うサバイバル・アクションにしたいのか、はたまたデモンズによる人類滅亡大作戦なのかハッキリしてくれ。
[ 2009/02/25 00:13 ] ホラー/サスペンス | TB(0) | CM(0)

フィクサー 

フィクサー [DVD]
邦題ミス度 ★★★★★
あらすじ:弁護士事務所に所属する凄腕の「もみ消し屋(フィクサー)」であるマイケルは、かつての同僚が担当した農薬会社の訴訟事件に関わるうちに、思いもよらない陰謀に巻き込まれていく・・・

ジョージ・クルーニー主演のサスペンス・スリラー(2007)。
もみ消し屋として働く主人公マイケルが不思議な光景に目を惹かれ、車から降りた直後に車が爆破!
一体どういう事なのかと期待させる、緊迫感のある序盤の引っ張り具合はGOOD.。
そこからストーリーは4日前に変わり、なぜマイケルが命を狙われる事になったのかが描かれながら現在に戻る。
が、終わってみれば、別に難しくない話をあえてややこしく見せた映画という印象。
てっきりタイトル通りフィクサーとしての活躍が描かれるのかと思っていたのに、そんなシーンは全然ない。むしろ自分がもみ消されそうになっている。
原題は主人公の名を冠した「マイケル・クレイトン」だし、この邦題は完全にミスマッチだろう。

かといって一人の男の苦悩に迫った内容とも言いがたい。
仕事に対する不満、いとこの抱える多額の借金、息子にとっての父親像など、描きうるテーマはあるのにどれも表面を撫でただけで、マイケルという人間に深みが出てない。
主人公が魅力に欠けるせいか、逆に敵対する女弁護士カレンの印象は強く残った。
本質的には神経質で打たれ弱い面を隠すように、知性と気丈さをアピール。窮地に立たされて引きつった表情は見ものだ(演じたティルダ・スウィントンはアカデミー賞助演女優賞を受賞)。

総評:出だしは良かったが結局普通の作品で物足りず。ジョージ・クルーニ―のファンならまぁ見てもいいかなという感じ。
一緒に見ていた弟は自分で借りてきたくせに途中で飽きて寝ていた。「どうせ最後はマイケルとカレンが○○して、マイケルの△×で終わりだろ?」 合ってる…。
[ 2008/12/16 21:56 ] ホラー/サスペンス | TB(0) | CM(0)

悪魔のいけにえ 

悪魔のいけにえ スペシャル・エディション コンプリートBOX(3枚組)
絶叫度 ★★★★★
あらすじ:テキサスの片田舎をドライブしていた5人の若者は、ひっそりと佇む屋敷を見つける。そこには殺人鬼レザーフェイスが潜んでいた…

数多のフォロワーを生んだ、トビー・フーパーによるホラー映画の傑作(1974)。
一度は見ておかねばと思いようやく鑑賞。
実在の殺人犯エド・ゲインをモチーフにしたと言われるこの映画は、人の皮で作ったマスクをかぶりチェーンソーを振りかざすレザーフェイスの強烈なインパクトと、全編に漂う不快感が圧倒的だ。
不気味なヒッチハイカー、古びた屋敷、真夏のまとわりつくような空気…ピリピリと緊張感の高まったところに襲いかかる恐怖はかなりの衝撃。
直接的な残酷描写はほぼ皆無にもかかわらずこれほど怖いのは、演出によるところが大きい。
唸るチェーンソーの轟音もさることながら、個人的にはレザーフェイスに引きずり込まれバターンと閉じる鉄扉の無情な響きが耳から離れない。

中盤までは正体不明の殺人鬼の異常さが怖かったが、残されたヒロインとの壮絶な追いかけっこ辺りからちょっと笑いがこみ上げてくる。
爆音チェーンソーといい勝負を繰り広げるヒロインの絶叫が夜中に響き渡り、殺人鬼一家の晩餐会はどこかユーモラス。普通の人間にはあんなに恐ろしいレザーフェイスも、変人揃いの家族からは意外と虐げられている様子。
パニック状態でひたすら叫ぶヒロインと、異様にマイペースな殺人一家との対比はブラックユーモアがあっていいな。
朝焼けをバックにチェーンソーを振り回すレザーフェイスの姿でブッツリ終わるラストも印象的だ。

感情的な演出を排除し淡々と描いているので、もしかしたらどこかで実際にこんな惨劇が行なわれているかもと思ってしまうようなリアルさがある。
特に前半のたまらない息苦しさは見事としか言いようがない。
以降のシリーズやリメイク版は未見だが、気が向いたら期待せずに見てみるか。
[ 2008/04/26 16:09 ] ホラー/サスペンス | TB(0) | CM(0)

モデル連続殺人! 

モデル連続殺人!
美意識度 ★★★★★
あらすじ:イザベルというファッション・モデルが殺された。やがてイザベルは生前、詳細な日記をつけていた事が判明する。その日記はモデル仲間の手に渡るが、その女性もまた何者かによって殺されてしまう…。

「ジャーロの父」と呼ばれるイタリア人監督、マリオ・バーヴァによるサスペンス(1963)。
ジャーロとは殺人を扱ったイタリア映画のジャンルで、コートに覆面という出で立ちの犯人が美女を残忍な手口で殺していく、というのが特徴として挙げられる。
マカロニ・ウェスタンやイタリアン・ホラーにも通ずる残酷描写に重点が置かれる反面ストーリーは二の次という傾向にあるが、本作はジャーロの先駆的作品なので殺人シーンはまだソフト(当時はショッキングだったのかもしれないが)。
首を締めたり、熱したストーブ(?)に顔を押し付けたり、刺したり、水に沈めたりと色々な方法で美女が殺されていく。
ちなみに殺される際モデル達はなぜか下着姿。ただエロシーンは無いので、B級っぽいタイトルからそういうものを求めた人はガッカリすること間違いなし。

火サスのような愛憎ドロドロ物語で犯人も中盤で明らかになってしまうが、この作品の見どころは監督の美的センスにある。
青や赤を基調とした色使いと陰影、殺されてもなお美しいモデル達。
それを象徴するのがオープニングで、クレジットと共に登場人物が原色のスポットライトに照らし出される。そこに流れる音楽もムーディーで、ここだけ何度も見たくなってしまうほどオシャレだ。
だがこのシーン、特典に入っていたアメリカ版ではなぜか変更されており、マネキンが延々と映し出されるだけになっている。悪くはないがオリジナルの方が数倍いい。
この色使いは劇中でも盛り込まれ、血の赤以上にマネキン、カーテン、バラ、電話など小物の赤が強烈なインパクトを残す。
明かりと暗闇のコントラストや構図の取り方にも撮影出身であるバーヴァのセンスが感じられる。

はっきり言って陳腐なストーリーなので細かい内容は忘れてしまったが、暗闇のなか赤や緑のライトが点滅したり、水死させられたモデルの死体としての美しさ、ラストシーンの揺れる受話器などは印象的だ。
この作風はダリオ・アルジェントに受け継がれ、’77年の「サスペリア」で見事に昇華されている。
こういうイタリア的な色彩感覚あふれる作品、もっと見たいなぁ。
[ 2007/10/18 22:28 ] ホラー/サスペンス | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Oops!

Author:Oops!
趣味悠々な24
現在、多忙につきユルユル更新

[洋楽]
ロック・ポップス中心に浅く広く
[洋画]
ラブストーリー以外何でも見る
[本]
ミステリーとか海外の名作とか

カテゴリー

【作品/アーティスト名一覧】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。